恋愛

好きな人にLINEしたいけどできない女性!理由は何ですか?

825dbf48fe1fa7e394a0e3d4d200f701 - 好きな人にLINEしたいけどできない女性!理由は何ですか?

好きな人はいるけれど、LINEしたくても、
なかなか思うようにできない
という女性
もいるのではないでしょうか。

誰でも、好きな人と離れているときには、
いつでもLINEで繋がっていたいと思う
ものでしょうが、
それでもなかなかLINE
できないのには、何かわけがあるのでは
ないでしょうか。

好きな人にLINEしたいけどできない女性!理由は何ですか?

では、女性が、好きな人にLINE
できない理由
をご紹介しましょう。

スポンサーリンク








内容に困る

好きな人は、まだ付き合っていない
相手なのですから、
お互いにまだ、
そう気軽にLINEするような関係性
ではないということもあるはずですね。

そうだとすると、毎回のLINEの内容も、
どんな内容を送ればいいのか、という
ことにすら悩んでしまうのではないでしょうか。

LINEを送っても、話が続かなかったら
どうしよう、盛り上がらなかったら
どうしよう、相手が興味を示さない
内容だったら…など、あれこれ考え出す
と、なかなかLINEを送ることはできなく
なるのかも
知れませんね。

LINEでの会話が弾まなかった場合、
その後のLINEがし辛くなるなど、
二人の関係性にも影響するかも
知れないと思うと、
送る内容には、
やはり慎重になってしまうものでしょう。

頻度

相手が彼氏なら、お互いの生活の
リズムなどを考慮し、どのくらいの頻度
でLINEを送るのが妥当か
分かるもの
でしょうが、まだお付き合いをして
いない人が相手なら、LINEの頻度
にも悩んでしまいますね。

自分では友達と同じように、普段
通りの頻度でLINEを送っている
つもりでも、
相手にしてみれば、
頻繁過ぎて面倒と思うこともあるかも
知れません。

そもそも男性は、LINEを苦手とする
タイプの人が多い
ですよね。

ですので、LINEの頻度が多いという
ことでうっとうしがられないように、

LINEの頻度を少なくしているという
こともあるでしょう。

スポンサーリンク








好意がばれていないか

好きな人に、自分の好意がばれて
いないか、
不安に思うこともあるの
ではないでしょうか。

いつも自分の方からばかりLINEを
送っていると、相手に好意を寄せて
いることは簡単にばれてしまう

しょうから、LINEの頻度を減らして、
相手の出方を待ち、少し様子を
うかがう目的もあるのかも知れませんね。

女性の方からのアプローチが、
あまりにも積極的過ぎると、
ちょっと
引いてしまう男性もいますので、
好意がばれていないか、不安に
なることもあるのでしょう。

嫌われていないか

自分は、好きな人にLINEするのは
とても楽しいし、いつでも繋がって
いたいけれど、
肝心の相手が、
自分のことを嫌っているのではないか、
あまり良く思っていないのではないか、
LINE自体を迷惑に思っているのでは
…など、自分に自信が持てず、
心配になる気持ちもあるでしょう。

特に、相手の男性を好きな気持ち
が強ければ強いほど、
絶対に嫌われ
たくないと思うはずですので、自分に
自信がないと、なかなか思うように
自由にLINEを送ることができなく
なってしまう
のですね。

スポンサーリンク








相手に脈がなさそう

好きな男性と、何度か会って話を
したり、何度かLINEをしているうちに、
相手の気持ちが、自分の方に向いて
いるかどうか、何となく察しが付くもの
ではないでしょうか。

ですので、好きな人も、自分の方に
向いてくれている=相手の男性にも
脈がある
という確信が持てれば、
LINEもどんどん積極的に送ることが
できるのでしょうが、そうではなく、
好きな人にあまり脈がなさそうな場合、
やはりLINEも滞りがちになるでしょう。

(もうあきらめた方がいいのかなぁ…?)
と、不安になりながらも、まだあきらめ
きれない、まだLINEでつながっていたい
という気持ちが残っている中途半端な
状態に
なっているのかも知れません。

ですので、相手の男性が、自分に
脈ナシであることが濃厚になって来ると、

さすがにLINEもなかなか送ることは
できなくなるものではないでしょうか。

a208d13a2b860bc004c33a4d698cc449 320x180 - 好きな人にLINEしたいけどできない女性!理由は何ですか?
洗顔後に美白と保湿ケアしたい!簡単なのが良いです誰もが毎日しているケアといえば、 洗顔ですよね。 ということは、洗顔とセットで毎日 お肌をケアすれば、その手間の分だけ、 お...
スポンサーリンク