恋愛

初めて彼氏の実家に行く女性が泊まる時気をつける事は?

初めて彼氏の実家に行く女性が泊まる
とき気をつけることって……何があるのか
知りたいと思いますよね。

緊張して、ぎこちない対応をしてしまう
のを心配する女性は、案外多いのでは
ないでしょうか?

今回は、初めて彼氏の実家に泊まる
際の注意点などについて、お話します。

スポンサーリンク








彼氏の実家に泊まるときに気をつけたいこと

初めて彼氏の実家に行って泊まるときは、
慣れないことから、いろいろなミスをしそうな
場面が思い浮かびます。

もしも、そのようなことがあれば、
せっかくの訪問が台無しです。

彼氏の実家に行くときは、次に挙げる
事柄など、十分に気をつけて対応する
ようにしてください。

印象

第1印象は、相手の人の記憶にしばらく
残ることから、できる限りよく見せることが大切です。

気遣い

配偶者候補になりますので、彼氏の実家
では、気遣いができる女性かどうかを見られます。

スポンサーリンク








明るい雰囲気

明るい雰囲気を持つ女性は、彼氏の
実家の人に好ましい印象を与えるでしょう。

常識

彼氏の実家の人と良い関係を保つために、
常識のセンスが役立ちます。

家庭の決まり事

その家族だけの決まり事があるかもしれません
ので、予めリサーチしていましょう。

スポンサーリンク








具体的にはどのような場面があるの?

初対面の印象

初めて彼氏の実家に行ったとき、印象の
良い優しい女性と思われることが大事ですね。

初対面の印象を決めるものは、挨拶を
する際の

「明るい笑顔」
「言葉遣い」
「服装(身なり)」
「立居振舞」

などによって決まります。

実家の人への気遣い

彼氏の実家へ行けば、適切な気遣いが
できる女性であるのかについて確かめられるでしょう。

まず、手土産の用意が必要になります。

そして手土産は、選び方・包装・渡し方
など、マナーから外れないよう注意します。

食事の後片付けなど、臨機応変に
お手伝いを申し出るなどができれば、
その場では手伝えなくても気に入って
もらえるでしょう。

また、帰宅した後では、電話や手紙を
利用して、お礼の言葉を伝えるのを
忘れないでください。

スポンサーリンク








明るい雰囲気で接する

彼氏の実家の人と接する際は、笑顔で
はっきりとした口調で話し、明るい雰囲気
で接するのが理想的です。

同意と共感を使うことで、実家の人に
話しやすさが伝わります。

訪問を円滑に(常識の役割)

実家の人に違和感を感じさせることが
ない、常識感覚のことです。

それがなければ、その場の空気に馴染む
ことが難しいことがあります。

彼氏の実家の人から、きちんと常識を
持っている女性として見られることは大切です。

実家の決まり事など(リサーチが大事)

それぞれの家庭には、決まり事があったりします。

初めての泊まりですから、知らなくても
仕方がないと思いますけれど、知っていた
方がよい類のこともあるでしょう。

事前に彼氏に聞いて、
確認することができますね。

スポンサーリンク








彼氏の実家に泊まる際に用意するものは?

初めて彼氏の実家に泊まるときは、
手土産・着替え・泊まり用品などを用意します。

ほかに、エプロンなどを持参する
人もいるようです。

(手土産)

手土産には、お菓子の詰合せ(地域の名物
・焼き菓子など)を用意するのが一般的です。

実家の方の好みがわかるのであれば、
それに合わせてもいいでしょう。

また、手土産は、日持ちがするものが喜ばれます。
価格は、3000円?5000円が相場とされています。

「心ばかりの品ですが」など、一言添えることで、
印象が良くなりますのでおススメです。

スポンサーリンク








(泊まり用具)

忘れることはないと思いますが、
着替えとパジャマの用意が必要です。

それから、タオル・シャンプー・歯ブラシ
なども持参しましょう。

タオルは用意してもらえることも考えられます
けれど、その時には、使わせてもらえばいいですね。

まとめ

初めて彼氏の実家に行く女性が、泊まる
ときに気をつける事についてお話しましたが、
いかがでしたか。

初めて彼氏の実家に泊まる場合、大人の
女性として「常識面」、気遣いができる
「性質面」、親しみやすさ「対人スキル」
などが問われます。

普段よりも緊張することが多くなりますので、
しっかりと準備することが大切です。

あわせて読みたい
61dc95fe725c20edb82f715252f621c9-320x180 初めて彼氏の実家に行く女性が泊まる時気をつける事は?
低刺激シャンプー頭皮がすっきりするのがいいです私は元々、あまり肌が強い方じゃない から…という人もいることでしょう。 そういう人は、できるだけ頭皮やお肌に 負担の掛からない...
スポンサーリンク